Larry Carltonの代表曲「Room335」に挑戦。

動画

こんばんは!ギター教室の千晃です。

弾いてみた動画を久々録りました!
今回も一発録りです。切り貼りなし修正なしがポリシーです。

曲はLarry Carltonの代表曲「Room335」
譜面も作成しこちらで販売してます。
ROOM 335(Larry Carlton)/ギタースコア(TAB譜)

カラオケ音源も作ったのでそれもアップロード済みです。

(2021.02/22追記)このオケ音源はYouTube用カラオケ音源としてダウンロード購入ができるようになりました♪
・ROOM 335/ギターマイナスワン音源
誰でも弾いてみた動画をYouTube投稿することが出来るようになります。
※譜面など再度校正したり、表記の訂正を随時行っています。上記リンクの販売サイトは特性上、手を加えると再審査となりましてタイミングによっては「サイト側の再審査中」と表示されることがありますが、通常1日程度でリンクが有効になります。


この曲は学生の頃、先生に完コピを命じられアンサンブル発表会でやらされました。18,9の頃です。懐かしいですねー。当時からギタースコアが手に入らず、見つけてもそこそこの精度だったのでこれを機にポジションも一致させて完璧なスコアを作りました。

ラリーは意外とビブラートが浅く、ロングトーンでも意図的にノンビブラートの箇所があったりします。
雰囲気を近づけるために本人ぽく合わせたのですが、ついつい深く掛けそうになってぐっと抑えました。ナチュラルな揺らし方が非常にシビア。

そしてCD等の原曲と合わせて練習するにはまだいいんですが、マイナスワンのオケに合わせると8分、16分音符、で割り切れないような微妙なタメがあるので本人そっくりに弾くのは結構難しいです。

実はこのカラオケ、原曲のテンポの揺らぎ、ハシリも再現してあるので、わかってないとその箇所でモタってしまいます。実際にモタってしまった箇所もあります。これに合わせるのも結構難しいです。


音作りについて

equipmentsギブソン335は所有してないのでやむなくレスポール。リード弾くときいつもフロントP.U.で弾きがちなんですが、この曲はセンターが好みでした。
教室にあるPEAVEYのコンボアンプのODチャンネルでこれでブーストカマしただけです。

DAW側で音作り込んだのであんまり録音機材は関係ないです。OD-1でなくても全然いいです。

原曲の通り1コーラス目は原曲みたいにダブリングしてみましたがあんまりうまくいかなかった!2回弾かないと効果薄いですね。


ということで、マイナスワン音源と譜面も用意したので練習材料は揃ってます。
みんなも練習するのだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です