オンラインレッスン開始♪

画像

こんにちは!ギター教室の千晃です。

ホームページ上でまだ告知していませんが、先月より音楽理論限定のオンラインレッスンを始めています♪オリジナルの教材を画面共有しあって進めます。

(※クラシックの楽典ではなく、Jazz、ポップス音楽理論です。)

ご興味ある方はこちらのフォームから「ギター教室」を選択の上、お問い合わせくださいませ♪

●問い合わせフォーム


オンラインのギターレッスンも流行ってますが今の所やる予定はありません。フィジカルはマンツーマンに限る!

むしろ音楽理論はオンラインの方が便利で、レッスン中はお互い同じ資料を画面共有でき、こちらで用意したソフト上で音の確認、録画機能であとから復習ができます。

ギターに限らず音楽全般、アドリブ、作曲などに役立ち、目安として約25回で全修了になります。

基礎知識から順にステップアップしていきますので、欲しい知識が得られたら終了でOKです♪ただし科目の特性上、学びたい項目だけに絞ったレッスンはおすすめしていませんので、必ず基礎知識からスタートしていただきます。

宿題やワークもメールや画像データで受け取りオンライン上でチェック、たっぷり用意しております。

詳細はこちらのフォームから「ギター教室」を選択の上、お問い合わせくださいませ♪

●問い合わせフォーム


[音楽理論Contents]

  • 基礎的知識
  • 反復記号
  • インターバル
  • トライアド
  • 音階と調性について
  • 関係調と移調及び転調
  • ダイアトニック・コードとは
  • コードの機能
  • ドミナントモーション
  • ツーファイブ
  • ケーデンス
  • モジュレーション
  • セカンダリー・ドミナント
  • パッシング・ディミニッシュ
  • テンションとコードスケールetc…

恋をしよう/Hamp Back奏法解説。

標準

ギター教室の千晃です。

以下で配信中のHamp Back「恋をしよう」のギター奏法解説となります。

恋をしよう/バンドスコア(TAB譜)
恋をしよう/ギタースコア(TAB譜)

また当楽曲は歌詞コード付きのベーススコアとドラムスコアも作りましたのでよかったらどうぞ♪
恋をしよう/ベーススコア(TAB譜)
恋をしよう/ドラムスコア【歌詞&コード付】

grade

難易度

 

 

他の曲はこちらから。


コードやボイシングについて

メインのバッキングパート(E. Guitar 1)は開放弦を含んだオープンコードを多用します。

基本的なコードが多く登場しますので初心者にも弾きやすいと思います。

ただし「B」コード、「F」コードといったバレーコードも少しだけ出てきますので注意してください。


Bセクションには「G」コードブラッシングミュートがありますが、
音を聴く限りバレーコードではなくオープンコードで行なっているようです。

その他53小節目「Em」のように、少し変わったボイシングになっていますので要注意です。

 


リードギターパートについて

「E. Guitar 2」がリードギターパートです。
イントロはオクターブ奏法スライドで音をつなぐように弾きます。

間奏のギターソロはチョーキングが多用されていますので、正しく音程を取るようにしましょう。

またハンマリング、スライド、ビブラードなど、細かめに奏法指定していますので、原曲通りに弾くヒントになっています。

続きを読む

月まで/Hamp Back奏法解説。

標準

ギター教室の千晃です。

以下で配信中のHamp Back「月まで」のギター奏法解説となります。

月まで/バンドスコア(TAB譜)
月まで/ギタースコア(TAB譜)

難易度★☆☆☆☆

他の曲はこちらから。



コードボイシングについて

この曲のメインのバッキング(E. Guitar 1)は3フレットにカポを取り付けて演奏します。

スコア上はなるべく簡略したコード表記にしていますが、「G」や「C△7」、17小節目「Dadd9」など、実はよく聴くと開放弦を多く使用した独自なコードになっています。

結果的に押さえ方がシンプルになっており、バレーコードも登場しませんので初心者にも弾きこなしやすくなっています。

曲の構成はイントロなし「A」「B」「A」「B」「サビ」「エンディング」という捉え方をするとシンプルで覚えやすくなります。

 


エンディングのギターソロについて

オクターブ奏法トレモロ奏法の組み合わせによるシンプルなフレーズです。

トレモロ奏法とはトレモロピッキングとも呼ばれますが、手首に力を入れ過ぎないように上下ピッキングを高速で繰り返すことです。

続きを読む

あいみょん「マリーゴールド」奏法解説。

標準

ギター教室の千晃です。

この記事は以下で配信中のあいみょん「マリーゴールド」のギター奏法解説となります。

マリーゴールド/ギタースコア(TAB譜)

grade

難易度

 

 

他の曲はこちらから。



このギタースコアは、アコースティックギターとエレキギターの両パートが収録されています。
CD音源に収録されている通りの完コピスコアです。


概要

この曲はギター弾き語りによる原曲から、バンドアンサンブルへアレンジによって膨らまされたような印象です。
なのでA.Gutar パートはそのまま、アコギ弾き語り用スコアとして使用できます。

イントロのフェードインしてくる音色はエレピか何かのリバースサウンドで曲中にもたくさん使用されています。
擬似シンセストリングスのようなPadサウンドで和音の厚みを補っているようです。


バッキングパートについて

アコギによる弾き語り的なコード伴奏に、エレキギターでバッキングの厚みを増しつつ、オブリアルペジオを使って広がりを与える楽曲アレンジになっています。

曲のキーは「D」。アコースティックギターにとって基本的なコードが多く登場しますが、

「Bm」「F#m」などのバレーコード、また「A/C#」などのオンコードも頻出しますので、脱初心者向けの楽曲です。
「D/F#」コードの6弦は一般的には親指を使って押さえます。


エレキギターパートについて

続きを読む

アナログマルチ製作レシピとか(空間系)

画像

こんにちは!ギター教室の千晃です。

こんなん作りました。

一言でいうとリバーブボックスです♪

空間系エフェクター各種の回路図を元にクローンを作って1台に収めたようなシンプルなものです。

近年小型のアナログマルチエフェクターがいくつかリリースされていて、空間系だけのモデルはまだないようなので作ってみました。

まぁまず誰もマネしないと思いますが、ざっくりとレシピを公開しておきますね♪


仕様と機能設計

外観設計図

  • 空間系エフェクト4種。(コーラス、ディレイ、リバーブ、トレモロ)
  • バッファon-offスイッチ
  • ALLバイパススイッチ(バッファ以外の)
  • Chainスイッチ(ディレイ⇄リバーブの接続順を入れ替える)
  • 基板はコネクタで脱着式。

小さい筐体に基板が大きい空間エフェクターをどうやって収めるか、が課題です。

デジタルマルチエフェクターはそれはそれで便利ではありますがアナログにこだわってます。


外観設計

アルミケース加工専門の工場から取り寄せたスイッチャー型ケースです。
縦70mm、横330mm、高さ37mm、傾斜付き

このサイズを元に設計図を書きました。

実寸大の画像イメージを並べて確認しています。

 

 

 空間系のアナログエフェクターは特に部品点数が多いものばかりなのでまず収まらないです。

各エフェクターのレイアウトを書き直して縮小するのが前提です。

場合によっては基板を2つに切り離したりもします。

 


それでいけると判断した組み合わせが、

・バッファ→klon Buffer
・コーラス→BOSS/CE-2
・ディレイ→Mad Professer/DEEP BLUE DELAY
・リバーブ→Wamplar/faux spring reverb
・トレモロ→4ms/tremulus lune

最前段にバッファーをかますので、これらは全てスルーバイパス仕様で製作します。

バッファー回路は何種類も試作したのですが中々納得いくのがなくて、
とりあえずKLON CENTAURに使用されているものを採用します。


リバーブとコーラスは小さく作れるようなのがほとんどなくて困る。

このfaux spring reverbというやつは基板と別でこんなモジュールを使用します。

でっかくて場所取るけど、その代わり少なめの部品で作れます。

 

 

 

 


改造、モディファイなど

それぞれ追加機能を増設しています。

・ディレイにLevel調整追加

・トレモロはSYMとGAIN追加。

・コーラスにはエフェクトLevel、deepスイッチ、vibratoスイッチを増設。

リバーブはそのまま。


ケースの加工と塗装とラベル貼り

 

設計図を等倍で紙にプリントして台紙にし、電動ドライバーで穴空け。

ポットはすべてミニチュアサイズです。

余白がほとんどないのでズレたら大変。正確に穴あけします。

塗装は楽しいです。クリアコートを吹いては磨いて。

白文字デカールを作るのは何気に困難。

下の赤いやつは同時に作っていた別バージョン。次回の記事で紹介するかもです。

 


配線や信号のルーティング

クリックで拡大

スイッチ4個は3PDTを使った各エフェクターのon-offスイッチ。一番右のは4PDTを使ったALLバイパススイッチ。

バッファを除く全エフェクトをスルーしてアウトプットへ出力されます。

複数エフェクトを同時オンしたい時、またはオフしたい時に便利なので必須です。

あとチェインスイッチについて、

エフェクターの接続順はある程度決まりがあって、ディレイとリバーブはどちらが前でも後ろでもまぁOK。

なのでその2つをワンタッチで入れ替えられるように、3PDTスイッチを使って配線を考えてみました。

個々のサーキットをコネクタを使って脱着出来るようにしていて、メンテナンスしやすくなっています。

基板をまるごと入れ替えることもできます。


電源について

電池駆動はさせず、アダプターでのみ供給します。試しに消費電流を測ってみました。

最大でも123mAくらい。

ボスのPSA-100でもいけるし、他のエフェクトやチューナーにも供給出来そうです。僕は1spot使ってます。

 

 


ケースの配線が終わって、各エフェクトのサーキットをコネクタに差し込めば完成!

これは途中写真に写っていた赤いver.のと2台連結して使うことを想定しています。

完成したら何か弾いた動画を用意しようと考えているところ。

ライブでもセッティングが楽になるし。楽しみですねー♫

ではこの辺で!

スキマスイッチ「アイスクリームシンドローム」奏法解説。

標準

ギター教室の千晃です。

この記事は以下で配信中のスキマスイッチ「アイスクリームシンドローム」のギター奏法解説となります。

アイスクリームシンドローム/ギタースコア(TAB譜)

他の曲はこちらから。



このギタースコアは、アコースティックギターとエレキギターの両パートが収録されています。
CD音源に収録されている通りの完コピスコアです。


バッキングパートについて

この曲はピアノまたはギター弾き語りの原曲から、バンドアンサンブルへアレンジによって膨らまされたような印象です。
ですのでA.Gutar パートはそのままアコギ弾き語り用楽譜として使えます。

アコギによる弾き語り的なコード伴奏に、ピアノとエレキギターで要所要所にオブリアルペジオを使って広がりを与える楽曲アレンジになっています。

曲のキーがCということもあり、アコースティックギターにとっては基本的なコードが多く登場します が、43〜44節目の「Gm7-C7」はコードチェンジが早いので要注意。
この進行は俗に「ツーファイブ」と呼ばれる、コード進行の常套句です。
「C7」は厳密には「C7(9)」というテンションコードで、タブ譜通りのポジションで、中指と人差し指、薬指のセーハで押さえると素早いコードチェンジが可能です。

曲の後半「M」セクションからは転調があり、セーハを必要とするコードがたくさん登場します。
「N」セクション(エンディング)でさらに転調されますので、コードを覚えるのが少し大変かもしれません。

 


エレキギターパートについて

続きを読む

秦基博「鱗」奏法解説。

標準

ギター教室の千晃です。

この記事は以下で配信中の秦基博「鱗(うろこ)」のギター奏法解説となります。

鱗(うろこ)/ギタースコア(TAB譜)

grade

難易度

 

 

他の曲はこちらから。



概要

このギタースコアは、アコースティックギター×1、エレキギター×2、
計3トラック分のギターパートが収録されています。
CD音源に収録されている通りの完コピスコアです。


バッキングパートについて

この曲はアコースティックギター弾き語りの原曲から、バンドアンサンブルへアレンジによって膨らまされたような印象です。
ですのでA.Gutar パートはそのままアコギ弾き語り用楽譜として使えます。

カポタスト4fに取り付けて演奏しますが、E.Guitar 3(ギターソロ)だけはカポを付けずに演奏しています。

アコギによる弾き語り的なコード伴奏に、エレキギターでコード伴奏の厚みを増し、要所要所でオブリやアルペジオを使って広がりを与える楽曲アレンジになっています。

アコースティックギターにとっては基本的なコードが多く登場しますが、コードの種類、コードチェンジも多いので少し覚えづらいかもしれません。

サビ35小節目にある「A#dim」「F#7」の代理コードですので難しければ代用しても良いでしょう。

この「A#dim」を素早く押さえるコツは、直前の「A7」コードの押さえ方にあり、
4弦2fを中指で、2弦2fを薬指で押さえておくことで人差し指だけで「A#dim」にコードチェンジできます。

 


ギターソロについて

続きを読む

〈京都 ギター教室〉トライアードギター教室の特徴☆(クロスロードスタジオ内)

標準

・基礎に忠実で徹底的に学べる!

演奏力の底上げに特に重要な基礎力を重視し、音楽的基礎知識(音楽理論など)はもちろん、正しいピッキングフォーム、左手の運び方なども一から見直します。
ですので初心者の方でも大丈夫


・「やりたい」ができる!

当教室のモットーで、生徒の「今やりたい」を最優先しています。
各自のやりたいにフォーカスして個別にカリキュラムを作成しています。

弾き語り
ロックギター
ポップス
ブルース
ジャズ
即興演奏
作編曲など

ギターで出来ることはたくさんあり、
音楽の見聞を広めるきっかけを与え続けています。


・マンツーマンへのこだわり。

当教室は昨年からグループレッスンを廃止しました。
楽器の習得は決まったカリキュラムで一律に上達していくような科目ではないためで、
ひとりひとりに目を向け、徹底指導し続ける為には1対1の他に方法はないと考えます。
楽しく演奏する気持ちが最優先で、そのために時にはカリキュラムの変更もできるのがマンツーマンです。


・毎月ごとにレッスン日の希望日が出せます!

曜日・時間の固定制ではなく、各自の希望日時に基づいてひと月ごとに調整しています。
学校やお仕事帰り、休みの日に合わせてレッスンを受けられます。


・ボイトレも受けられる!

ボイトレ教室を併設していますので、ギターとボイトレを合わせて予約されると割引価格でどちらも受講できます。


・アクセス◎

最寄り駅は京阪線七条駅徒歩8分、JR線京都駅徒歩13分、県外からのアクセスも可能!

京都府 京都市下京区七条通 間之町東入 材木町466番地 増井ビル2F・3F

お問い合わせや詳細はこちらから。
お問い合わせ
教室トップページ

お気軽にどうぞ♫

「君色に染まる」TOKOTOKO(西沢さんP)奏法解説。

標準

ギター教室の千晃です。

この記事は以下で配信中の「君色に染まる」TOKOTOKO(西沢さんP)のギター奏法解説となります。

君色に染まる(西沢さんP)/バンドスコア(TAB譜)
君色に染まる(西沢さんP)/ギタースコア(TAB譜)
他の曲はこちらから。



概要〜イントロ

この曲の基本的なリズムは3連系のシャッフルビートです。

主に使われるコードはアコースティックギターで使用されるようなオープンコードは登場せず、全てバレーコードを使用して演奏します。
左手が痛くなりやすいですので軽いタッチで押さえるように心がけましょう。

「In’」のメロディーパートは主旋律にハモをつけたようなフレーズです。
所々ハモ音程に開きがありますので少々覚えにくいかもしれません。

「×」印のブラッシングも含め、コード伴奏を弾く時のような右手のストロークと、その向きを合わせて弾くことがポイントです。シャッフルビートのノリをキープしましょう。

 


バッキングパート

「A」セクション始めのバッキングは、本来のコードフォームを押さえ込んだ上で鳴らす弦を間引いて弾きます。
不必要な弦をミュートするテクニックと右手のピッキングテクニックも必要です。

難しければ正しいコードを押さえてすべて鳴らしてもOKです。

37小節目の「C7」は「C7(9)」というテンションコードの省略形で、指一本で押さえられるポジションになっています。

62小節目「D♭°7」とは「D♭dim」コードの略記です。
押さえるコツはまず一般的な5弦3fルートのC7バレーコードを押さえ、ルート音を中指で半音上げて(5弦4fに)押えると考えれば捉えやすくなります。

 


サウンドメイクについて

テレキャスターによるサウンドで軽くオーバードライブが掛かったサウンドです。

クセのないナチュラルな歪みが理想ですので、マーシャルやオレンジのようなアンプ直でGainを稼いで歪ませるのがシンプルです。

もしエフェクターで音作りするなら、Bossの「SD-1」や「OD-3」、IBANEZ (アイバニーズ)のチューブスクリーマーなどが良いでしょう。


もし記事コメント頂けましたら詳しくアドバイスしますのでお気軽にどうぞ♫

今回の練習曲のスコアは以下のリンク先で購入出来ます。

君色に染まる(西沢さんP)/バンドスコア(TAB譜)
君色に染まる(西沢さんP)/ギタースコア(TAB譜)

京都のギタースクールです。
体験レッスンのお申し込みはフォームからどうぞ♫

お問い合わせ
教室トップページ
奏法解説:一覧

星野源「アイデア」奏法解説。

標準

ギター教室の千晃です。

以下で配信中の星野源「アイデア」のギター奏法解説となります。

アイデア/ギタースコア(TAB譜)
他の曲はこちらから。



イントロ〜「B」セクション

この曲は和音によるバッキングはピアノに任せ、ギターの役割は単音フレーズによるオブリガード等で装飾された楽曲アレンジになっています。

8小節目の駆け上がりフレーズはフルピッキングですが、難しければハンマリングオンを活用しましょう。

セクション「A」は2〜3本の弦で和音を弾きますが、その箇所の本来のコードフォームを押さえ込んだ上で鳴らす弦を間引いて弾きます。

スコア内に本来のコードポジションを(  )で示していますので参考にしてみてください。
この時、1弦や5弦も一緒に鳴ってしまいがちですが、正しくコードを押さえてあれば鳴っても問題ありません。

16小節目はハーモナイズドチョーキング(ダブルチョーキング)で、チョークアップ時に音を切らず、その名の通り次の音と重ねるように持続させると雰囲気が出てきます。

「B」セクションは、前述のように元のコードフォームからたどって弾くとかえって弾きづらいフレーズですので、Tab譜に示されたポジションのみ押さえればOKです。


オクターブ奏法について

続きを読む