Cliffs Of Dover/Eric Johnson 弾いてみた。

標準

こんばんは、ギター教室の福原です。

エリックジョンソンのアルバム『AH VIA MUSICOM』より「Cliffs Of Dover」に挑戦しました。「弾いてみたのコーナー♪」更新しました♪


作成したオケ音源です。練習にどうぞ♪

続きを読む

Cause We’ve Ended As Lovers「哀しみの恋人達」弾いてみた。

動画

ギタリストの教科書とも呼ばれるジェフベックのアルバム『ブロウ・バイ・ブロウ』より「Cause We’ve Ended As Lovers – 哀しみの恋人達」の完コピに挑みました。「弾いてみたのコーナー♪」更新しました。

これまでギタリストにとって必ず通る道的な定番スタンダード、でもって難易度が高い曲を中心に選曲してきましたが、そうなるとこの曲は避けては通れないですね!

ギタースコアも作成、こちらで販売開始しました。
・Cause We’ve Ended As Lovers-哀しみの恋人達/ギタースコア(TAB譜)
完璧なスコアに仕上がったと思います。


オケはもちろん打ち込みによる再現です。練習にどうぞ。前のRoom335も人気なようで2万回も再生されました。→Room335記事

実はオケ制作の方が苦労していて作編曲作業の技能アップを兼ねてやってます。

このオケ音源はYouTube用カラオケ音源としてダウンロード購入ができるようになりました♪
・Cause We’ve Ended As Lovers-哀しみの恋人達/ギターマイナスナスワン音源
つまり誰でも弾いてみた動画をYouTube投稿することが出来るようになります。
ギタースコアと音源のセットで購入も出来るようにしました。
・Cause We’ve Ended As Lovers-哀しみの恋人達/ギタースコア+マイナスワン音源セット
※譜面など再度校正したり、表記の訂正を随時行っています。上記リンクの販売サイトは特性上、手を加えると再審査となりましてタイミングによっては「サイト側の再審査中」と表示されることがありますが、通常1日程度でリンクが有効になります。


音作りについて

pedal
自作ToneBender mkⅠ

オーバードライブも試してみたんですがあの独自な枯れ感が出ないのでこのために急いでトーンベンダーを自作しました。mk1仕様です。
色んなアンプで試してみたんですが、ものによって全く使い物にならない音になったりして極端な印象。





続きを読む

自作!マルチエフェクターver2の改良。

標準

こんばんは!ギター教室の千晃です。

前回記事より、

新しいペダルをボードに組み込んだ時、サイズダウンしたのでほんの少しスペースができました。

ここにミニペダルが置けるかも?という思いつきが出発点。実用性があってコンパクトに製作できるものがいい。フェイザーのレイアウトを起こしてみたけどどうにも部品が多くミニサイズ化は不可。

ModPlan

modイメージ

ディレイ用のタップテンポスイッチなら置けるぞ!欲しかったし!ということでスペース確認。内部の基板と基板の隙間にわずかなスペースがあったのでミニジャックなら取り付けれそうです。外部ペダルを作ってケーブルで接続して使用、いらない時は外してツマミでも操作できるようなのが理想。そんなこと出来るの?


タップテンポとは足でスイッチを数回踏んだ間隔をBPMとして再設定する機能。それには「taptation IC」が必要ということでわざわざ個人輸入しました。ホノルルから到着。最近はもっと高機能な進化版があるみたいですね。

続きを読む

自作!マルチエフェクターver2 。(サウンドサンプル付き)

標準

こんばんは!ギター教室の千晃です

去年作ったやつ

去年の夏は空間系マルチエフェクターを作っていたのですが、今年の夏はバージョンアップモデルを作りました。

サウンドサンプルを録ったので一番下で聴けます。
以前の記事はこちら→アナログマルチ製作レシピとか(空間系)


主な変更点はコーラス、ディレイ、リバーブが新回路、トレモロはブースターにも変身するスイッチを追加。トゥルーバイパスで悩みのタネになるポップノイズが軽減されサイズダウンもしました。とても薄くて軽量。ポップノイズとはオンオフ時に出るバチッという切替ノイズのこと。

続きを読む

Larry Carltonの代表曲「Room335」に挑戦。

動画

こんばんは!ギター教室の千晃です。

弾いてみた動画を久々録りました!
今回も一発録りです。切り貼りなし修正なしがポリシーです。

曲はLarry Carltonの代表曲「Room335」
譜面も作成しこちらで販売してます。
ROOM 335(Larry Carlton)/ギタースコア(TAB譜)

カラオケ音源も作ったのでそれもアップロード済みです。

(2021.02/22追記)このオケ音源はYouTube用カラオケ音源としてダウンロード購入ができるようになりました♪
・ROOM 335/ギターマイナスワン音源
誰でも弾いてみた動画をYouTube投稿することが出来るようになります。
ギタースコアと音源のセットで購入も出来るようにしました。
・ROOM 335/ギタースコア+マイナスワン音源セット

※譜面など再度校正したり、表記の訂正を随時行っています。上記リンクの販売サイトは特性上、手を加えると再審査となりましてタイミングによっては「サイト側の再審査中」と表示されることがありますが、通常1日程度でリンクが有効になります。


この曲は学生の頃、先生に完コピを命じられアンサンブル発表会でやらされました。18,9の頃です。懐かしいですねー。当時からギタースコアが手に入らず、見つけてもそこそこの精度だったのでこれを機にポジションも一致させて完璧なスコアを作りました。

ラリーは意外とビブラートが浅く、ロングトーンでも意図的にノンビブラートの箇所があったりします。
雰囲気を近づけるために本人ぽく合わせたのですが、ついつい深く掛けそうになってぐっと抑えました。ナチュラルな揺らし方が非常にシビア。

そしてCD等の原曲と合わせて練習するにはまだいいんですが、マイナスワンのオケに合わせると8分、16分音符、で割り切れないような微妙なタメがあるので本人そっくりに弾くのは結構難しいです。

実はこのカラオケ、原曲のテンポの揺らぎ、ハシリも再現してあるので、わかってないとその箇所でモタってしまいます。実際にモタってしまった箇所もあります。これに合わせるのも結構難しいです。


音作りについて

equipmentsギブソン335は所有してないのでやむなくレスポール。リード弾くときいつもフロントP.U.で弾きがちなんですが、この曲はセンターが好みでした。
教室にあるPEAVEYのコンボアンプのODチャンネルでこれでブーストカマしただけです。

DAW側で音作り込んだのであんまり録音機材は関係ないです。OD-1でなくても全然いいです。

原曲の通り1コーラス目は原曲みたいにダブリングしてみましたがあんまりうまくいかなかった!2回弾かないと効果薄いですね。


ということで、マイナスワン音源と譜面も用意したので練習材料は揃ってます。
みんなも練習するのだ!

噂のテレキャス買ってみた。

画像

こんばんは!ギター教室の千晃です。

格安ギターで有名なプレイテック製のテレキャスターをポチりまして、グレードアップさせていく遊びをしているのですが、この辺で簡単にレビューしておこうと思います。
あまりに低価格なので、入門ギターとして購入を検討してる人もいるんじゃないかと思うので。

それと当初はブログに載せるつもりがなかったのでオリジナル写真があまり残ってません!悪しからず。


早速、先日僕が購入したのはこれです。

PLAYTECH TL250

PLAYTECH TL250 Maple Metallic Red

8000円ほどでこれが買えてしまうのです。
音はというと、意外にまとも(笑)一昔前の激安通販ギターよりはるかにいいです。結構テレキャスらしいサウンドでびっくりしました。
フロントはいわゆるドンシャリ気味、ハイとローは普通に出ていてローミッドがあまり出ない印象です。リアはなんか結構いい感じです。

ザックリ笑

細かいスペックはろくに調べてもいないので知りませんが、塗装はいわゆる安ギターによく使われるポリエステルかと思います。ポリウレタンではなさそうです。
ぶつけたりすると簡単にペリッと剥がれる感じのやつです。

僕のはメタリックレッドで、一見なんの問題もないようですが目を凝らすと色の濃さにムラがあるのに気がつきました。個体差あると思いますー。 続きを読む

ラジオ出演情報2♪

標準

1月10日(木)22:00〜、FM79.7MHz京都三条ラジオカフェにて「バタやんのBass Freaks」という番組にギタースクールの代表としてゲスト出演します!『京都三条ラジオカフェ』

京都三条ラジオカフェ | FM79.7MHz FM『バタやんのBass Freaks』
日時:2019/1/10(木)
放送時間/22:00〜

ぜひお聞きください♪

TEENAGE KICKSの審査員。

標準

こんにちは!ギター教室の千晃です。

先週のことですが、軽音部応援プロジェクト、ティーンエイジキックス京都大会にて審査員を務めさせて頂きました。そう、学生バンドのライブコンテストです。

このイベントに関わらせていただくのは今回初めてですが、うちのボーカル講師山本、スタジオハナマウイでベース講師をされている土田さん、精華大学で音楽を教えていらっしゃる安田先生と、審査委員長の片山ブレイカーズ Vo.片山さん、の5名です。

続きを読む

ラジオ出演情報1♪

標準

中・高生の軽音楽部、音楽部を応援する番組『BREAK ON THROUGH』に、ギタースクールの代表としてゲスト出演します!

α-STATION | FM京都 89.4 FM『BREAK ON THROUGH』
日時:2018/10/21(日)
放送時間/23:00〜24:00

ぜひお聞きください♪


 

発表会とセッションライブ☆

画像

こんばんは、ギター教室の千晃です。

昨夜は生徒の2人がライブハウスで演奏するらしいので、木屋町三条にある「モダンタイムス」さんへやって参りました。
レッスン外ですが、毎月セッションへ連れて行っては腕を磨いている人たちです。


実際に人前で演奏することを通してスキルアップを図ろうという事で、いつもセッションでお世話になっているギタリストが計画してくれたものなのです。感激!

いやはや、セッションとは違って一皮むけた演奏にびっくりしました。やるやん。
部屋で1人練習するのもいいけど、せっかくなら大衆に向けて聴かせないとですね!

 


そして、第10回発表会も無事終了しました!

ボーカル教室、ギター教室合同で16名の出演となりました。みんなお疲れ!

今回も歌の生伴奏が数組あり、今回もサポートミュージシャンにお世話になりました!

・Ba.岡本 りか
・Dr.松坂 健太郎
・Key.初川 三知
・Gu.増田 雄一

さんきゅーです!