アナログマルチ製作レシピとか(空間系)

画像

こんにちは!ギター教室の千晃です。

こんなん作りました。

一言でいうとリバーブボックスです♪

空間系エフェクター各種の回路図を元にクローンを作って1台に収めたようなシンプルなものです。

近年小型のアナログマルチエフェクターがいくつかリリースされていて、空間系だけのモデルはまだないようなので作ってみました。

まぁまず誰もマネしないと思いますが、ざっくりとレシピを公開しておきますね♪


仕様と機能設計

外観設計図

  • 空間系エフェクト4種。(コーラス、ディレイ、リバーブ、トレモロ)
  • バッファon-offスイッチ
  • ALLバイパススイッチ(バッファ以外の)
  • Chainスイッチ(ディレイ⇄リバーブの接続順を入れ替える)
  • 基板はコネクタで脱着式。

小さい筐体に基板が大きい空間エフェクターをどうやって収めるか、が課題です。

デジタルマルチエフェクターはそれはそれで便利ではありますがアナログにこだわってます。


外観設計

アルミケース加工専門の工場から取り寄せたスイッチャー型ケースです。
縦70mm、横330mm、高さ37mm、傾斜付き

このサイズを元に設計図を書きました。

実寸大の画像イメージを並べて確認しています。

 

 

 空間系のアナログエフェクターは特に部品点数が多いものばかりなのでまず収まらないです。

各エフェクターのレイアウトを書き直して縮小するのが前提です。

場合によっては基板を2つに切り離したりもします。

 


それでいけると判断した組み合わせが、

・バッファ→klon Buffer
・コーラス→BOSS/CE-2
・ディレイ→Mad Professer/DEEP BLUE DELAY
・リバーブ→Wamplar/faux spring reverb
・トレモロ→4ms/tremulus lune

最前段にバッファーをかますので、これらは全てスルーバイパス仕様で製作します。

バッファー回路は何種類も試作したのですが中々納得いくのがなくて、
とりあえずKLON CENTAURに使用されているものを採用します。


リバーブとコーラスは小さく作れるようなのがほとんどなくて困る。

このfaux spring reverbというやつは基板と別でこんなモジュールを使用します。

でっかくて場所取るけど、その代わり少なめの部品で作れます。

 

 

 

 


改造、モディファイなど

それぞれ追加機能を増設しています。

・ディレイにLevel調整追加

・トレモロはSYMとGAIN追加。

・コーラスにはエフェクトLevel、deepスイッチ、vibratoスイッチを増設。

リバーブはそのまま。


ケースの加工と塗装とラベル貼り

 

設計図を等倍で紙にプリントして台紙にし、電動ドライバーで穴空け。

ポットはすべてミニチュアサイズです。

余白がほとんどないのでズレたら大変。正確に穴あけします。

塗装は楽しいです。クリアコートを吹いては磨いて。

白文字デカールを作るのは何気に困難。

下の赤いやつは同時に作っていた別バージョン。次回の記事で紹介するかもです。

 


配線や信号のルーティング

クリックで拡大

スイッチ4個は3PDTを使った各エフェクターのon-offスイッチ。一番右のは4PDTを使ったALLバイパススイッチ。

バッファを除く全エフェクトをスルーしてアウトプットへ出力されます。

複数エフェクトを同時オンしたい時、またはオフしたい時に便利なので必須です。

あとチェインスイッチについて、

エフェクターの接続順はある程度決まりがあって、ディレイとリバーブはどちらが前でも後ろでもまぁOK。

なのでその2つをワンタッチで入れ替えられるように、3PDTスイッチを使って配線を考えてみました。

個々のサーキットをコネクタを使って脱着出来るようにしていて、メンテナンスしやすくなっています。

基板をまるごと入れ替えることもできます。


電源について

電池駆動はさせず、アダプターでのみ供給します。試しに消費電流を測ってみました。

最大でも123mAくらい。

ボスのPSA-100でもいけるし、他のエフェクトやチューナーにも供給出来そうです。僕は1spot使ってます。

 

 


ケースの配線が終わって、各エフェクトのサーキットをコネクタに差し込めば完成!

これは途中写真に写っていた赤いver.のと2台連結して使うことを想定しています。

完成したら何か弾いた動画を用意しようと考えているところ。

ライブでもセッティングが楽になるし。楽しみですねー♫

ではこの辺で!

トレモロエフェクター製作。

画像

こんにちは!ギター教室の千晃です。

前にこんなこと書いたんですが、バンドでトレモロを使いたい曲がいくつか出てきたので久々にDIYしました☆

普通お店に行って欲しいもの買えば早いのですが、作るのが好きなんだからしょうがない。


僕の中で自作する際の決めごとや心得は2つあります。

1.電池収納可能な範囲でできる限り小型化。
2.不具合のないように仕上げる。


エフェクター類はできるだけ電池駆動で使いたいです。

電圧の違う海外でも安心して使えるし、電源ノイズにも強いし、ライブ時のセッティング時間短縮にもなる訳ですね。とにかくセッティングはボーカルの次に素早く!

アダプタで電源を取る場合、まずコンセントを探し、そしてそこへアダプタを刺しに行くのも嫌なのだ。


また、モノが小さければ荷物が軽くなって楽です。

僕はエフェクター2〜3個あれば十分なんですが、サイズが半分になればその倍の量バッグに入るいうことです。4〜6個もいらんけどもやな。

あとはガリノイズとか、音が出なくなるとか、

ライブの使用に耐えれなかったら没。なので出来るだけ丁寧に作ります。


〜ではここから駆け足で〜 続きを読む

自分の音とは。

画像

こんにちは!ギター教室の千晃です!

数年ぶりに突如、エフェクター製作欲が湧いてきたので久々に作ってみようかと思うところです。

せっかくなんで今現在、リアルに必要なものを作りたいなぁと思い立ち、回路図を漁ったり半導体のサイトをサーフィンしてたところ、早くもお腹いっぱいになってしまったという。。

配線材、ハンダ、抵抗、コンデンサ、トランジスタ、etc…

これら膨大にある部品の各々のメーカーにまでこだわってしまって、データベースも作ってしまった。

プリント基板より手ハンダ!と意気込み、かの有名なペダル、klonケンタウルスのコピーをポイント・トゥ・ポイント配線で作り上げるとか、

やってたんです昔は。中々のどっぷり具合で(汗)

こうなると作り手によって同じ回路でも音が違うのは当たり前です。つまりそれは自分だけの「音」だという錯覚のような満足感を得られるわけで。

そしてやっと気づくんですね、

そもそもピッキング時の角度や材質、弦選び一つとっても音が変わるじゃないかと。
電子部品のブランドの違いというのはそれくらいの些細な違いでしかない。

となると、、

途端に道具(ギター、アンプ、エフェクター、ケーブルの類)がなんでもよくなり、機材が減っていきます。というかもう激減。

そしてエフェクター製作にはそれなりに時間と集中力を要しますので、代わりに音楽を聴く時間や練習時間にあてましょうと。

長々とあーだこーだ書きましたが簡単に言うと一言「飽きた」のです(笑)

作り手は作り手に任せて、演奏家は演奏に集中し、それぞれその道のプロに任せておきましょう。

自分だけの音というのはそんな浅はかなものではないのだ。