なぜかセッションでよく演奏される「Cantelope Island」

標準

こんばんは、ギター教室の千晃です。

今日はブルースファンクセッションへ行くとよく演奏されている曲、ハービーハンコックの「Cantelope Island」について考察してみたいと思います。

普段、一発モノやブルースばかり演奏しているのに毛色の違う曲が混じっているのです。ファンクだけどブルースではない。僕の素朴な疑問です。(京都界隈だけなのかな?)

Herbie Hancock - Cantaloupe Island

Herbie Hancock – Cantaloupe Island

ジャズファンクのような曲で登場するのはたった3つのコードです。テンションの響きが独自な曲ですね。
モーダルな感じというか、トーナルがはっきりしないモードジャズナンバー。

つまり変調感が常に続き、曲中で最も多く鳴っているコードはFm7。まぁとりあえずFマイナーキーと捉えておきましょ。

次にD♭7というコード。普通に考えると♭Ⅵ7コード。ノンダイアトニックです。♭Ⅵ△7の変化和音というか、不思議な和音です。

おそらくⅡ7の裏コード、なのでG7の代理コードとも取れます。スケールはリディアン♭7等。そしてなんとなくブルージー、F-Bluesペンタも可能です。

ここからはちょっとひねくれた発想。
D♭7をFm7(♭5)/D♭というオンコードと捉えてみると、大きな和音の流れはFm7→Fm7(♭5)という流れになりアドリブ時もシンプルに捉えやすくなります。

3つ目のDm7は唐突な転調でしょうか?Fm7へ戻る終止感も感じます。これも先ほどのオンコードにする発想と同じようにF/Dと捉えてみる。

すると、

Fm7→Fm7(♭5)/D♭→F/D

と超、拡大解釈できます。

これを簡略的にアドリブ演奏をしようとした場合、

Fm7→Fmペンタ
Fm7(♭5)/D♭→F-Bluesペンタ+♭5
F/D→F-Bluesペンタ

となり、ほぼ一発で弾けてしまうからだと思われます。

合理的でいいと思う。現にテーマのメロディは一貫してペンタトニックメロディであります。

捉え方は人それぞれ、明確な答えはこの手のジャンルにはありませんね。
なんとなくブルージーに聴こえたのもちょっと納得できた。

ワンポイントレッスン目次>