スキマスイッチ「アイスクリームシンドローム」奏法解説。

標準

ギター教室の千晃です。

この記事は以下で配信中のスキマスイッチ「アイスクリームシンドローム」のギター奏法解説となります。

アイスクリームシンドローム/ギタースコア(TAB譜)

他の曲はこちらから。



このギタースコアは、アコースティックギターとエレキギターの両パートが収録されています。
CD音源に収録されている通りの完コピスコアです。


バッキングパートについて

この曲はピアノまたはギター弾き語りの原曲から、バンドアンサンブルへアレンジによって膨らまされたような印象です。
ですのでA.Gutar パートはそのままアコギ弾き語り用楽譜として使えます。

アコギによる弾き語り的なコード伴奏に、ピアノとエレキギターで要所要所にオブリアルペジオを使って広がりを与える楽曲アレンジになっています。

曲のキーがCということもあり、アコースティックギターにとっては基本的なコードが多く登場します が、43〜44節目の「Gm7-C7」はコードチェンジが早いので要注意。
この進行は俗に「ツーファイブ」と呼ばれる、コード進行の常套句です。
「C7」は厳密には「C7(9)」というテンションコードで、タブ譜通りのポジションで、中指と人差し指、薬指のセーハで押さえると素早いコードチェンジが可能です。

曲の後半「M」セクションからは転調があり、セーハを必要とするコードがたくさん登場します。
「N」セクション(エンディング)でさらに転調されますので、コードを覚えるのが少し大変かもしれません。

 


エレキギターパートについて

主にアルペジオとオブリで構成されていますが、アルペジオ時に使用されるコードはベーシックなコードがあまり使用されず、3和音のトライアド・コードを使用しスライドでうまくフレーズが組み立てられています。
同じフレーズの繰り返しがほぼなく、ラストまできっちりアレンジされていますので、エレキギターのポップスアレンジの参考に役立つでしょう。

 


サウンドメイクについて

エレキギターはテレキャスターのシングルコイルでクリーン〜クランチサウンドです。
軽めのコンプレッサーで粒を揃えれば良いでしょう。アンプはお好みでOKです。


もし記事コメント頂けましたら詳しくアドバイスしますのでお気軽にどうぞ♫

今回の練習曲のスコアは以下のリンク先で購入出来ます。

アイスクリームシンドローム/ギタースコア(TAB譜)

京都のギタースクールです。
体験レッスンのお申し込みはフォームからどうぞ♫

お問い合わせ
教室トップページ
奏法解説:一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です