自作!マルチエフェクターver2の改良。

標準

こんばんは!ギター教室の千晃です。

前回記事より、

新しいペダルをボードに組み込んだ時、サイズダウンしたのでほんの少しスペースができました。

ここにミニペダルが置けるかも?という思いつきが出発点。実用性があってコンパクトに製作できるものがいい。フェイザーのレイアウトを起こしてみたけどどうにも部品が多くミニサイズ化は不可。

ModPlan

modイメージ

ディレイ用のタップテンポスイッチなら置けるぞ!欲しかったし!ということでスペース確認。内部の基板と基板の隙間にわずかなスペースがあったのでミニジャックなら取り付けれそうです。外部ペダルを作ってケーブルで接続して使用、いらない時は外してツマミでも操作できるようなのが理想。そんなこと出来るの?


タップテンポとは足でスイッチを数回踏んだ間隔をBPMとして再設定する機能。それには「taptation IC」が必要ということでわざわざ個人輸入しました。ホノルルから到着。最近はもっと高機能な進化版があるみたいですね。

続きを読む

自作!マルチエフェクターver2 。(サウンドサンプル付き)

標準

こんばんは!ギター教室の千晃です

去年作ったやつ

去年の夏は空間系マルチエフェクターを作っていたのですが、今年の夏はバージョンアップモデルを作りました。

サウンドサンプルを録ったので一番下で聴けます。
以前の記事はこちら→アナログマルチ製作レシピとか(空間系)


主な変更点はコーラス、ディレイ、リバーブが新回路、トレモロはブースターにも変身するスイッチを追加。トゥルーバイパスで悩みのタネになるポップノイズが軽減されサイズダウンもしました。とても薄くて軽量。ポップノイズとはオンオフ時に出るバチッという切替ノイズのこと。

続きを読む